トップページ > 会長挨拶

すべては愛知の子どもたちのために

  会 長  平 岡 将 暢
 

 平成28年度愛知県小中学校PTA連絡協議会会長を務めさせていただきます、西尾市の平岡将暢です。日頃は、愛知県小中学校PTA連絡協議会の活動にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
 県P連のすべての事業は、各校の単位PTAの活動が充実し輝くための事業です。子どもたちに寄り添い、子ども達のために具体的な行動ができるのは、各校の単位PTAに他なりません。子ども達の為に単位PTAが頑張る姿を県P連は後ろから応援する立場にあることを自任し、研修や情報交換事業に注力していきたいと思います。
 また、平成30年度には、日本PTAの東海北陸ブロック研究大会がここ愛知で開催されます。PTAの研修事業の最も大きな大会の一つを再来年には愛知が引き受けることになります。そこで本年度は、その準備委員会を設置いたします。愛知県内のみならず、東海北陸ブロック内の単位PTAが輝くための研究大会を成功に導くよう準備を進めてまいります。
 近年、報道で特集が組まれるなどして、PTAは役員選出や活動内容、ひいては存在意義までも問題視されることが多くなっています。たしかに報道で指摘されるように役員選出方法に無理があったり、歴代役員の作ってくれたやり方を尊重するあまり、いつしか環境の変化に対応できていない運営方法になってしまったこともあるかもしれません。
 しかしながら、私は、PTA活動ほど尊いボランティア活動はないと思っています。20年後、30年後の日本を支えていく人材である子ども達の成長の手助けをしている大変素晴らしい活動です。勿論、時代の変化に柔軟に対応し、常に理解者を増やしていく努力を怠ってはいけませんが、県下の単位PTAの皆さんとともに、自信と誇りを持ってPTA活動に取り組んでいきたいと思います。
 最後に、今後とも愛知県小中学校PTA連絡協議会に対し、皆様からのご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げ、会長の挨拶とさせていただきます。
 どうぞ、一年間宜しくお願いいたします。


ページの一番上へ
会長